キャンパーガイド

自然は爽快、アウトドアを満喫できます。
キャンプ場の眼下の源流実川では、本格的な渓流つりや川遊びまた昆虫採集や山菜採りも楽しめます。ほかにもバードウォッチング、バーベキュー・・・など、あなたのアイデアしだいで楽しく遊べることがたくさんあります。
 また、尾瀬の魅力を体感できるミニ尾瀬公園や近くにはモーカケの滝や峠を経て尾瀬沼に行く旧街道があり、爽やかなウォーキングが楽しめます。 ○○○公園写真○○○公園写真
渓流釣り
キャンプ場前の実川や檜枝岐川では、めったにお目にかかれない”渓流の王者イワナ”が生息しており、渓流釣りが楽しめます。村内にはキャッチ&リリース区間もあります。
なお、日つり券は管理棟でも販売してますのでご利用ください。

(遊漁期間:毎年4月1日~9月30日まで)

○○○祭りイメージ
■川遊び
キャンプ場の前で綺麗な清流で「川遊び」ができます。
思い出をより楽しく遊ぶための、川で遊ぶ時の心得です。

一.川は私たち生き物の源。
二.魚、虫、鳥などの動物や、植物のことを感じて欲しい
三.川へは一人では行かせない。常に監視しよう。
四. 子供が遊ぶ川がどのような川か、下見をしよう。
五.自然は常に何をするかわからない、怖い処もある。
六.川は常に変化していることを忘れないように。
七.ゴミは出さない。出したゴミは持ち帰ろう。

■トレッキング■ 
尾瀬国立公園に属し、尾瀬へのトレッキングをはじめ日本百名山の会津駒ヶ岳・燧ヶ岳・
帝釈山などへ登山や周辺には、最適な山が数多くあります。
◆御池ロッジまで :バス停まで、車で10分ぐらい有料駐車場あり。
◆駒ケ岳登山口まで :檜枝岐村まで戻り、車で15分数台の駐車場あり。
◆馬坂峠駐車場まで:舟岐林道を走り、車で40分ぐらいで駐車場に到着。爽やかなハイキングが楽しめます。

尾瀬沼・燧ケ岳

○○○海浜公園写真


東北一の高さ、2,356mを誇り、四方から眺めることが出来る山です。初心者でも登りやすい山とされていて、頂上360度のパノラマからは眼下に尾瀬を一望できる山です。尾瀬沼は燧ケ岳の火山活動で、只見川などの源流をせき止めて出来たものだといわれています。岸には沼を一周する木道が敷かれ、水辺に咲くミズバショウなど季節毎の花を楽しみながら、2~3時間で湖畔めぐりができます。また、尾瀬を象徴する広大な尾瀬ヶ原は、燧ケ岳、至仏山など2,000m級の山々に囲まれた、本州最大の湿原です。
●御池ロッジ → 熊沢田代 → 燧ヶ岳(約4時間)
●沼山峠→長蔵小屋→尾瀬沼→沼1周→沼山峠(約5時間)

会津駒ケ岳

○○○海浜公園写真


尾瀬の北方にそびえる標高2,133mの会津駒ヶ岳は、会津を代表する名山として知られ、「日本百名山」にも選ばれた名峰です。山頂付近一体には広大な湿原が広がり、周辺にはハクサンコザクラをはじめとした高山植物の宝庫です。山頂より中門岳へとつづく縦走路には木道が敷かれ、また山頂には一等三角点が置かれ、尾瀬の山々はもとより、南会津、日光、奥利根と素晴らしい展望が広がります。
●駒ヶ岳登山口 → 駒の小屋 → 会津駒ヶ岳山頂(約4時間)
●キリンテ → 大津岐峠 → 会津駒ヶ岳山頂(約5時間)

帝釈山・田代山

○○○海浜公園写真


オサバ草の群生地として知られる帝釈山は身近な登山ルートが無く、幻の名山と呼ばれてきましたが、檜枝岐からの林道が整備され、一躍気楽に登れる山となりました。
また、田代山は頂上一帯が広大な湿原になっており、その湿原を一周できるように木道が整備されています。タテヤマリンドウなどの高山植物の多くが見られ、弘法沼と呼ばれる池塘もあって明るく開放的な山で、秋の草紅葉も見事です。
●馬坂峠 → 帝釈山(約50分)→ 田代山(約1時間)